ネットFAXを総合的に見て

インターネット回線を使ってFAXを送受信するサービス、インターネットFAXは、
固定費を削減できることや、外出先でもFAXを確認できるなどメリットも多いサービスです。

ただ、やはり現状FAXをどのように活用しているかなど、現在の仕事の仕方などによって
そのメリットデメリットも変わってきます。
このサイトで確認してみてはどうでしょうか?

現状、インターネットFAXを総合的に判断してみると、
新規事業の場合ややメリットが大きいと言えますが、実運用でFAXが大量の場合は、
そのFAXをネットFAXに移行する作業が結構掛かりそうだというデメリットがあり、
少量の場合は毎月のネットFAXに必要な固定費が今以上に掛かってしまうデメリットが考えられます。
FAXをそれなりに使っているというちょうどいい業種が一番メリットがありそうに思います。
ここがおすすめという職種はハッキリと言えませんが・・・

このちょうどいいFAXの量は、やはり実際に利用する現場の意見を一番に考えてネットFAXを
導入することのメリットを考えて判断するしかありません。

逆にいうと、FAXの運用に関してしっかり分析し判断できる会社や事業所であれば、
ネットFAXを利用するメリットが大きいと思われます。

やはり新しいサービスなのですから、十分理解できることも重要な判断基準となるのです。

インターネットFAXを導入すべきかどうかは、現在のFAXの運用をしっかり分析できるかどうかに掛かっているようです。