家の前で商品券を拾った

カードを店舗等で利用する場合に誰しも体験があるのではと思うのですが、店員が理解していないためにいったいどのレシートをお客さんに提示するべきか迷っていることがあるのではないでしょうか。

というのも、クレジットを処理すると、機械の方から複数の利用明細というものが印字されるためこれらのうちどの明細を客のもとへ渡すのか判断できないというケースがあるのです。

数枚の利用レシートの解説)3枚1組のレシートの正体とは?ということの概要は、以下の記載の通りとなります。 1お客さんへ保管してもらう明細。 2お店の控え使用明細。

3カード会社保管用使用レシート(サインをする紙)。 本来であれば必ずお客さんに渡す用の利用明細の方を渡すのだが、時には店舗で保管する利用明細の方をお客さんに対してミスして渡すようなというケースの他、記名をした紙を渡すいう痛恨のミスもあります。

このケースは時間給スタッフや、いつもクレカが使われるケースの少ない店舗などの会計においてクレカを利用すると、そういった担当者の心の乱れというものが見れるでしょう(笑)。 もしも従業員が違う方の使用レシートというものを渡そうとしてきた場合には怒らずに「間違ってますよ」などと教育してみてはいかがでしょうか。